水を飲む事について。量で決めずに身体に聞く。

水を飲むときは、量で決めずに身体に聞く。おいしいと感じる事が大切。

Top / ちょっとブログ / 2010-09-23

水を飲むことについて

最近は少し寒くなってきました。
寒くなってくると空気が乾燥してくるので、身体が乾いてきます。
そうなってくると水を飲むことをお勧めしています。

今日もお客さんとその話しをしていたら、通っていたジムで水を2リットル飲めと言われて苦痛だったと話していました。

たしかに飲みたくないものを飲むのはとても苦痛ですね。

身体が要求する時に飲むから吸収します。
私が水を飲むのを勧めるのは、身体が乾いてきて、水を欲するであろう時が増えてくるからなんです。

身体が要求している時は、おいしく感じられます。必要量飲むと満足感があり、それ以上飲んでもおいしくありません。
要求にそって水を飲むことをしていると、潤うまでの時間が早くなります。

そういう感覚をつかんで欲しいと思っています。



コメント


認証コード(6261)

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional