自然治癒力を自覚できるような施術、自分でできる体操を考えています。

自然治癒力を自覚してもらう事が施術の一番の目的。その後の体操を考案中。

Top / ちょっとブログ / 2010-12-13

自然治癒力を自覚し、癒される段階から自分で癒す段階へ。

体の施術が終わった時の感想に、
「とても疲れていたことがわかりました」
と言われる方が多いです。

また、
2回目、3回目と通うごとに、
「一日の疲れがたまって、また痛くなりそうになっても寝ると回復している」
と言われる方も良くいます。

実は、当院の施術の一番の目的はここにあります。

身体が強張ってきて、腰痛や肩こりが出てくる人はみな自分の疲れている場所を自覚することができていません。

自覚できないと、寝ても疲れが抜けにくくなるのです。



当院の施術でやっていることは、

疲れている場所を緩めて、

疲れている事を自覚してもらい、

寝ると回復することを体感して、

自分に自然治癒力が備わっている事を自覚してもらう。



ということなんです。

痛みがなくなるだけでなく、自分に自然治癒力があることをわかってらえて初めて、私の施術は成功と言えます。



かなか難しいことですが、それが分かってもらえた時は何よりも嬉しいと感じます。
なぜなら、それを実感した人は何か表情に自信のようなものを伺う事ができるからです。

今、自分一人でできる「疲れ抜き体操」のようなものを教えるセミナーを行おうと考えています。
自然治癒力に気付いた人が自分でできる整体のようなものです。

まだまだ考案の段階ですので、もう少し時間がかかりそうですが楽しみにしていて頂きたいと思います。


では、どうもありがとうございました。



コメント


認証コード(7542)

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional